キャッシングなどの融資は生活を支えてくれるソリューション

二つの方法

家とお金

不動産ローンとそれに似ているもの

家を購入するときにローンを組む人がほとんどだと思いますが、ローンにも二つの選択肢があります。一つは不動産ローンでこれは不動産担保ローンとも言われるものです。この不動産ローンは、例えば新築の家を3000万円で購入する場合、頭金が500万円出した場合は残りの2500万円+金利は自分の実家の土地を担保にすることで借りることができるローンです。これは物的担保と言われるもので、借りたお金の返済ができない場合は担保にしている実家の不動産を差し押さえられ売却し、その売却したお金で支払います。 一方住宅ローンは、不動産を担保に入れるのではなく、家主が生命保険に入ることで家主が思慕した場合にはその金額が担保になります。

金額や価格の傾向について

不動産を担保にして不動産ローンを組む場合、その不動産の評価によって借りられる額が違ってきます。 2500万円のローンを組むのに2500万円以下の評価しかない不動産は担保価値がないので担保にすることはできません。ではそれ以上の評価の不動産と言えば普通の一軒家では考えにくく、地主の家のようにそれなりに大きな不動産でないと厳しいでしょう。だとすれば、家を建てるのに不動産ローンはあまり妥当なローンではないということになります(ただし不動産ローンで家を買うのは自由です)。では、この不動産ローンの使い道は一体何なのでしょうか。 そもそも不動産ローンは、不動産を購入するときに使うものではありません。住宅を購入するときは住宅ローンが一番条件が良いでしょう。