キャッシングなどの融資は生活を支えてくれるソリューション

融資額が大きい

マンション

本人所有に限定されません

不動産担保ローンの対象となる不動産は、自宅以外にも別荘地や第三者に貸している不動産でも契約できます。又、本人所有のもの以外に両親など親族所有のものでも、承諾があれば契約可能です。もし住宅ローンの返済途中で抵当権が設定されていても、契約できます。 このように、不動産という担保が設定されているため、借りる条件は緩やかといえるでしょう。申し来みから融資までも2,3日で審査結果がでるようです。申し込み時に必要なものは、本人確認できるものと、土地の権利証、収入が証明できるものがあれば大丈夫です。

さまざまな使い方ができます

不動産担保ローンは、使用目的が限定されません。何のために使うかは契約者が自由に決めることができます。不動産担保ローン取り扱い業者によっては、事業者向けの取り扱いもあり、こちらは使途を明確にする必要がありますが個人向けの場合は自由です。 ですから利用方法もさまざまです。教育ローンのかわりに不動産担保ローンを利用する方も多いようです。教育ローンの限度額だと足りない場合や、金利面を考慮すると不動産担保ローンの方が有利だからです。又、土地を売却する予定の人が、売却できるまでのつなぎ資金として不動産担保ローンを利用することもあります。返済方法も元利均等返済の他、元金一括返済が可能です。使用目的に合わせて、期間や返済方法を検討するといいでしょう。